ビエント高崎・高崎卸商社街協同組合

サイトマップ文字サイズ変更小中大

HOME高崎問屋街について組合概要事業紹介組合員企業運営施設

HOME > 最新情報 > 第9回秋の上州どっと楽市実施報告書

企業検索 | 取引先をお探しの方

事業紹介

第9回秋の上州どっと楽市実施報告書

2009年 秋の上州どっと楽市 実施報告

1.名 称  2009年秋の上州どっと楽市(通算9回目)
2.主 催  高崎卸商社街協同組合
3.後 援  群馬県、高崎市、高崎商工会議所、群馬県中小企業団体中央会、群馬県物産振興協会、JR東日本、NTT東日本、上毛新聞社、朝日新聞前橋総局、毎日新聞社前橋支局、読売新聞東京本社前橋支局、産経新聞社前橋支局、東京新聞前橋支局、日本経済新聞社前橋支局、NHK前橋放送局、群馬テレビ、エフエム群馬、ラジオ高崎、ジェイコム群馬
4.期 日  平成21年10月31日(土)・11月1日(日)、午前9時〜午後5時
5.天 候  初日=快晴11〜21℃、2日目=晴後雨(午後4時過ぎ)12〜22℃
6.入場者  36,000人(初日19,600人、2日目16,400人)
7.会 場  ビエント高崎(高崎問屋街センター)展示会館ならびに問屋町公園
8.出店者  78社80店舗(うち組合員・賛助会員29社)、高崎市外22社
      (展示会館45店舗、周囲テント村35店舗)

9.概 要   初日は朝から絶好の秋晴れに恵まれ来場者の出足も順調で、
1日では過去最高の19,500名が来場した。館内各店また館外テント村も終日活況を呈し、
売上も過去最高を記録した模様である。

2日目も初日同様の好天であったが、日曜日ということで来場者の出足はゆっくりであった。
午後4時からの突然の降雨までは途切れることなく順調な来場者があり例年並の16,500人が来場した。
楽市も9回目となりマンネリ化が危惧されていたが、2日間で36,000人という過去最高の来場者を記録、
問屋街の知名度向上と新たなにぎわいの創出、新規販路開拓という当初の目的を達成できた。

10.イベント
 ̄悗らハイキング/新規:参加者213名
地産地消キャンペーン/新規:でんき君コンサート・啓発グッズ配付300名
エスター君劇場/新規: 450名来場。エレベーター・エスカレーターの正しいの乗り方
ぅ瀬ぅ筌皀鵐疋撻サスキャンペーン/新規:グッズ販売・着ぐるみ
イ砲わい安心まちづくりコーナー:のべ1,000人
Ε謄ッシュ100円販売:600人。※10分で完売。先頭は午前7時前に来場
Д潺烹咤漫Ы蘰900名、2日目1,000名、合計1,900名乗車。
┌如檻藤稗孱泥轡隋(初日のみ): 1,000人(推定)
チンドン屋:場内の盛り上げに大変効果あり、子供にも人気であった。
フラダンスショー(2日目):オープン参加。200人(推定)
ドリームメイツバトンクラブ(初日のみ):オープン参加。200人(推定)
富岡製糸場世界遺産登録キャンペーン



viento
お問い合わせリンク集
【高崎卸商社街協同組合】 〒370-0006 群馬県高崎市問屋町2-7 TEL / 027-361-8243
Copyright © Viento-Takasaki. All rights reserved.