ビエント高崎・高崎卸商社街協同組合

サイトマップ文字サイズ変更小中大

HOME高崎問屋街について組合概要事業紹介組合員企業運営施設

HOME > 最新情報 > 第13回 秋の上州どっと楽市実施報告書

企業検索 | 取引先をお探しの方

事業紹介

第13回 秋の上州どっと楽市実施報告書

1.主 催  高崎卸商社街協同組合
2.後 援  群馬県、高崎市、高崎商工会議所、群馬県中小企業団体中央会ほか16団体
3.名 称  2011年秋の上州どっと楽市(13回目)
4.期 日  平成23年10月29日(土)・30日(日) 午前9時〜午後5時
5.天 候  初日=快晴8.8〜22.2℃、2日目=曇時々小雨11.9〜17.0℃
6.入場者  31,000人(初日18,500人、2日目12,500人)
7.会 場  ビエント高崎(高崎問屋街センター)展示会館・エクセルホール並びに問屋町公園
8.出店者  92社96店舗(うち組合員・賛助会員29社)、(館内54店、テント村42店)
9.概 要   春のどっと楽市は東日本大震災のため中止となった。
このため1年ぶりの開催となった今回は92社が出店し、初回に次ぐ出店者の多さとなった。
高崎眦膕阿盧鮟に引き続き出店(エクセルホール全館使用)した。

また今回は、「がんばろう東北」をテーマに東北地方の卸団地にも出店を呼びかけた。
結果、米沢総合卸売センター経由で螢泪ぅ鵐鼻森谷果樹園の2店が出店した。
加えて山形県置賜地方のPRキャラバン隊である「山形おきたま愛の武将隊」も出陣した。
さらに、地元の群馬パース大学との連携も図り、大学ブースの出店や学生ボランティアに運営協力をいただいた。

初日は秋晴れの好天に恵まれ来場者も多く、最終的には18,500人という来場者を記録した。
しかし2日目は曇時々雨という天候で、初日に比べると人出も今ひとつであり12,500人の来場に留まったが、
目標としていた30,000人の来場者は達成できた。売上高は現在調査中であるが、店舗により売行きのばらつきが多い。
買物というより遊びに来た来場者が多く、来場者の数が売上に直結しなかった感もある。
今後は地域活性化だけでなく各社の販売促進や新規販路開拓という目的達成のためにも邁進していきたい。

10.イベント
.謄ッシュ100円販売:先着300人。初日のみ実施、例年同様の人気であった。
▲潺烹咤漫Ы蘰1,209人、2日目1,035人、のべ2,244人乗車。順調に運行され行列も少なかった。
にぎわい安心まちづくりコーナー:白バイ・パトカー試乗は子供たちに人気。
初日には、県警刑事部長らが来場し、未解決事件のパンフレットも配布した。
ぐΔ良霈隊:山形県置賜地方のPRキャラバン隊。戦国パフォーマンスを展開する。東北地方連携の一環。
ゥ船▲蝓璽妊ング:オープン参加。Uキッヅ・ブライトウィングスによる約30分の演技。
Ε侫薀瀬鵐好轡隋次Дープン参加。32名。定着した人気あり。
Д船鵐疋鷁(両日):8名のチンドン隊。場内の盛り上げに大変効果があった。
┐阿鵑泙舛磴(初日のみ):キャラバン隊で来場。子どもたちに大人気。
富岡製糸場世界遺産登録キャンペーン:2日間、公園内でパネル展示と説明。


viento
お問い合わせリンク集
【高崎卸商社街協同組合】 〒370-0006 群馬県高崎市問屋町2-7 TEL / 027-361-8243
Copyright © Viento-Takasaki. All rights reserved.