ビエント高崎・高崎卸商社街協同組合

サイトマップ文字サイズ変更小中大

HOME高崎問屋街について組合概要事業紹介組合員企業運営施設

HOME > 高崎問屋街について > 高崎問屋街の歴史

高崎問屋街について

企業検索 | 取引先をお探しの方

高崎問屋町の歴史

高崎問屋街の誕生 高崎問屋街は、高崎市内の卸商社が郊外に団地を造成して問屋の集団化を図り、その機能を強化する目的で結束し、昭和38年4月に母体となる「高崎卸商社街協同組合」を設立。
通産省の流通機構構造改革の一環として、昭和42年に11万坪という広大な土地に、市内卸商社約170社が集まり、日本で第1号の卸商業団地「高崎問屋街」が誕生しました。
以来、北関東の流通の中核拠点としての地位を築いています。
設立当時の問屋町
10年の経過 急成長を遂げる問屋街も手狭になり昭和47年には二次団地造成を開始し、48年には町名が 「問屋町西1丁目」と決定。オイルショックにもめげずに益々順調な発展を続ける中、昭和51年には 地元待望の福田内閣がついに誕生。次の10年に向けての更なる飛躍に、大きな 夢と期待が益々ふくらんで来ました。 10周年記念式典
20年の経過 昭和55年には「問屋町センター第二ビル」が完成、57年には上越新幹線が開業し、同年に第二次上州内閣の中曽根内閣が誕生。また60年には関越自動車道の前橋・新潟間が開通し、益々流通拠点としての高崎問屋街の重要性が増して来ました。世の中にはニューメディアなる言葉が氾濫し、何かが変わろうとしている予感を感じさせました。 問屋町センター第二ビル
30年の経過 昭和63年に新組合会館が完成し、新しい時代の問屋街の出発点となりました。時代は平成へと変わりその平成景気の目覚しい経済発展から、バブル崩壊へ。社会全体の構造が再構築を余儀無くされる中、高崎問屋街もこの時代の渦巻きの中で、吹き飛ばされない強靭さを求める時期となりました。そして生まれたのが愛称「ビエント 高崎」。上州の風、情報の風、物流の風、文化の風を高崎問屋街から吹き出す様を象徴しております。
組合会館
そして40年 バブル崩壊以降の長期不況、低成長をベースとした環境変化の嵐は、21世紀という新しい時代を迎えて益々その勢いを増したようにも感じられます。少子高齢化社会にどう対処していくのか、流通の変化にどう対処していくのか、グローバル化にどう対処していくのか。個々の組合員企業が夫々の変化に対応して行く事が重要であると同時に、高崎問屋街を運営する組合も今後どうあるべきかを見据えた対応が要求されて来ております。
  平成16年4月に制定された「高崎問屋街地区計画」と、同年10月16日開業しました「JR高崎問屋町駅」の新駅開業は、高崎問屋街が21世紀での新たな発展を促す風(ビエント)を巻き起こすことと期待しています。
JR高崎問屋町駅
viento
お問い合わせリンク集
【高崎卸商社街協同組合】 〒370-0006 群馬県高崎市問屋町2-7 TEL / 027-361-8243